Apple Pencilを否定するのは間違い!

iPad Proの発表と同時にApple Pencilも発表されました。

この事で巷では否定的な意見を目の当たりにするので、ちょっと肯定的な記事を書きたいなと思います。

まぁ、まだ触った事の無いデバイスなので想像ですが。

ちょっと聞いてください。

f:id:ko_nchi:20150912215755j:plain

ジョブズはスタイラスを嫌っていた!

これは初代iPhoneの発表時に本人が「スタイラスはダメだ」って言ったのがきっかけで今でもよく語られる事だと思います。

なので今回のApple Pencil発表で「ついにAppleがスタイラスを作ってしまった!」「ジョブズに逆らっている!」と言う意見が出てくるのだろうと思います。

確かにジョブズはiPhoneのUIに最高なのは指だと言っていましたし、僕も同感です。

現に通常のスマホ操作でスタイラスを使っている人は、ほとんどいないと思います。ゲーム等では別ですが。

Apple Pencilはスタイラスではない

でもよく考えて欲しいのはApple Pencilはスタイラスじゃないって事です!

iPhoneの操作にこのペンを使う訳ではないのですよ。

このペンはあくまでもiPad Pro専用で特にメモやイラストの制作時に威力を発揮するツールだと思います。

なので操作目的のペンでは無いと言う事を僕たちは間違えてはいけません。だから別売りなんだと思います。

紙に書くのと変わらないテクノロジーのすごさ!

動画で見る所、その滑らかさは抜群で今までに見た事が無いほどスムーズな動作をします。レイテンシがほぼ無い感じ!

今までのペンはやはり遅延が激しく、ペンで書くスピードイメージとのギャップが埋められず不快に感じました。

でもこれなら大丈夫だと思います。

紙に書くペンのような動きは理想の形だったと思うのですが、今まで実現出来なかったのはやはりハードウェアとソフトウェアの両方が技術的に難しかったのだと思います。

そしてそれを実現出来たのがAppleなんですよ。

今後は他社も追随してくると思いますが、やはり未来を切り開くのはAppleですね。ちょっと話が逸れました、すみません。

まとめ

もう一度言いますがApple Pencilはスタイラスでは無いのです。

そこを間違えてはいけません。

ジョブズがダメだと言っている事を今のAppleはしている!

なんて言葉も聞こえますが、そうではなく今回のiPad Proで絵を描く場合最適なデバイスで指ではなく、このApple Pencilなんだと僕は考えます。

ジョブズがいたら何て言っていたか?

と言うのは気になる所ではあるけれど。

ジョブズはもういないのだから、ジョブズがいたらなんて考えるのは時間の無駄だと僕は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんちのバウハウスを運営しているオーナーのこんちです! テクノロジーとデザインに興味があり情報発信しています!! またライターとしても活動しています。 製品のレビューや面白い企画、応援や批判コメントまで、 何でも受け付けています!お気軽にご連絡下さいね!