(製品レビュー)Logicool Keys-To-Go ウルトラポータブルキーボードは最高だ!

あぁ、残すところあと1日でゴールデンウィークがぁぁぁあああ!

皆さんは今日をどのようにお過ごしでしょうか?

僕は「あぁ明日から仕事かぁ。。。最悪だ!」

と思い込んでの「えっ?明日休みだったのかっ!ラッキー!」

パターンを狙ってます!頭がイカれてきました、こんち(@ko_nchi)です。

今日はiPadのキーボードのレビューをしたいなと。

レビューするキーボードはこれです!

f:id:ko_nchi:20150505231001g:plain

www.logicool.co.jp

薄くてかるい!

f:id:ko_nchi:20150505232230j:plain

超薄型・超軽量は伊達じゃないです。

本当に薄くて軽い!こらならiPadと持ち歩いても全然苦になりません。

ワイヤレスキーボードって意外に重たいんですよ。

でもこれは本当に軽い!

結構打ちやすく、そして耐水!

キーボードはMicrosoft SurfaceのTouchCoverに似ていますが、

こちらの方が断然打ちやすいです!

f:id:ko_nchi:20150505232710j:plain

SurfaceのTouchCoverは押し込めなかったけれど、

こちらはパンダグラフとなっていますので、ちゃんと押し込んでの入力が出来ます。

f:id:ko_nchi:20150505231814j:plain

押し心地は良くはありませんが、この薄さできちんと入力出来るのは高評価です!

そして水がかかっても大丈夫な耐水仕様!

水を弾くし、さっと拭けば問題なし。

汚れが目立つよ

材質上仕方がないですが、この手の素材は汚れが目立ちます。

テカるし手垢で汚れるのはマイナスポイントです。

注意すべきUS配列

WindowsユーザーやMacの日本語キーボードを使っている人は注意です。

この製品に限らずですがタブレット用のモバイルキーボードはUS配列が多いです。

なのでUS配列に慣れていない人は少し打ちにくく感じるかもしれません。

例えば「カナ・ローマ字」の切り替えは⌘+スペースで切り替えます。

まとめ

持ち運び用のワイヤレスキーボードとして、この製品の完成度は抜群だと思います。

これを超える製品を今の所僕は思いつきません。

なので「このキーボードがいいよ!」って言うオススメがあれば是非教えて下さい。

この品質でiPadと一緒に持ち歩いて重さを感じさせない製品はなかなかないですよ。

f:id:ko_nchi:20150505233846j:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんちのバウハウスを運営しているオーナーのこんちです! テクノロジーとデザインに興味があり情報発信しています!! またライターとしても活動しています。 製品のレビューや面白い企画、応援や批判コメントまで、 何でも受け付けています!お気軽にご連絡下さいね!