885342891 //Pinterestの埋め込みスクリプト

こんちのバウハウス

テクノロジー×デザイン×ライフ

旅行

こんちの夏休み in鹿児島2018②〜霧島の旅1〜

こんちの夏休み in鹿児島2018②〜霧島の旅1〜

今日も「こんちのバウハウスを」ご覧頂きありがとうございます。
@ko_nchiです。
今日から鹿児島旅行記事をしばらく書きたいなぁと思います。
忘れないうちに思い出を書き残しておくのだ!

スポンサーリンク

ここからが旅行旅のはじまりー!


鹿児島空港に到着してまず向かったのはレンタカー会社!
送迎バスに乗り込みレンタカーを借り空港から近い霧島の観光へと出発しました。

霧島温泉市場

行程さんで作った旅のしおりを頼りに、
まず向かったのが
霧島温泉市場。
ここはあまり見どころはなく普通のお土産屋さんでした。
DSCF6808
DSCF6810
温泉で蒸した卵やさつまいもが売られていました。
硫黄の匂いがすごかった。
初っ端にお土産屋さんに行ったのですが勿論何もお土産は買ってませんw
少しお腹が減っていたので、手作り十割蕎麦を購入。
写真はありませんがメチャクチャ太くてポロポロ崩れる蕎麦でお味はうーむ、、、
と言った感じで私のお口には合わず。

丸尾の滝〜丸尾自然探勝路

続いて向かったのが丸尾の滝。
DSCF6813
霧島神宮に向かう国道223号線沿いにある滝です。
ここの滝はなんとお湯が流れているのです。
冬には湯けむりがたち綺麗なんだとか。
見た感じは冷たそうな水に見えましたよ!
DSCF6817
滝の近くから丸尾自然探勝路と言う遊歩道がある中を歩きました。
DSCF6824
DSCF6831
DSCF6839
森の中なので涼しいような暑いようなでした。
結構汗をかきました。
でも自然が沢山でとても癒やされる。
DSCF6836
途中温泉が湧いていました。暑かったのはこのせいか?
DSCF6846
更に奥の千畳敷へ!
DSCF6849
川のせせらぎが心地よくとてもいい場所でした。
そして1番驚いたのが、、、
誰1人、人に会わなかった事。
観光スポットのはずなんですけどね。
のんびり出来て良かったのですが、これにはびっくりでした。

湯之谷山荘へ

つづいて、湯之谷山荘と言う温泉に向かいました。
向かう途中、野生の鹿に遭遇しました。
DSCF6861

湯之谷山荘は源泉かけ流しの温泉。
ここは硫黄泉と炭酸泉の両方を堪能できる希少な温泉です。

写真は無し。
外観すら撮り忘れていました(^_^;)
忘れていたので公式から画像参照。
yunotani
硫黄泉はとにかく熱い。
火傷するレベル!おそらく45℃くらいはあると思います。
入っているのは地元の人ばかりで、何も知らず我慢して入っているのを見ていたおっちゃんが、
水を入れて薄めてくれました。やさしー!
ちなみに炭酸泉はかなりぬるい感じで、もうね一生入っていられる心地よさ。
硫黄泉は強烈でTシャツが帰って来て洗濯しても臭いがとれないレベル。
お気に入りのTシャツとか持っていなかいようにしましょう!
IMG_222
看板犬が可愛かった!温泉犬ですね!
一緒にお風呂に入れたら天国だろうなぁ。

続いて霧島新燃荘と言う温泉に向かったのですが、なんと!
12月まで改装工事中と言う事で営業しておらず(TOT)
サイトにでも書いておいてくださいよ!
急遽るるぶを参考に「さくらさくら温泉」と言う泥の温泉を見つけたのでそこに向かいました。

この温泉は女性にすごく人気の温泉のようで泥湯と言う、天然泥でパックが出来るのが特徴の温泉でした。
こちら大した写真無し(T_T)
きちんと撮っておけば良かったと後悔。。。
こちらも公式から画像を拝借!
sakura

泥パックの感想は肌がツルツルになってすごい!!
img_sittori
しかしながら洗い流すのが恐ろしく大変でした。
特に背中とか肘の所とか結構流せてなかった(^_^;)
嫁と何時にお風呂を出るか決めて入るのですが、流すのに手間取って遅れてしまったのでした。
IMG_8217
お風呂に入る前の所だけ写真がありました(^_^;)
IMG_8219
お風呂を出たら外に休憩所があります。
ゆったりのんびり出来ます。

新燃荘には行けなかったけれど、これはこれで良かったなと嫁と話しながら、車に乗り込み、
そしてお昼ご飯の地へと向かうのでした。
つづく

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)