885342891

AI搭載ウェブカメラ『AI Webcam Jupiter』がリリースされるぞ!

お知らせ

いつもコチラボをご覧いただきありがとうございます。
今回はeMeet社が2021年2月にリリースする最新のウェブカメラAI Webcam Jupiterを紹介します。

eMeet|eMeet Technology-AI makes meetings smarter

まず価格は従来のウェブカメラより高価な部類に入る 229USD(約23,000円)になります。

AI Webcam Jupiter

ただし販売しているウェブカメラの中ではかなりの上位機種の位置付けだと考えられます。

折りたたんだ状態はコンパクト

『AI Webcam Jupiter』はUSBーCでPC/Macに接続して使用する。
個人利用よりはWEB会議などを想定して開発された製品だと思う。

最大の魅力はAIによる自動認識だと個人的には思っています。
具体的にどんな機能なのか見ていきましょう!

『AI Webcam Jupiter』スペック

販売価格229 USD(約23000円)
映像解像度16 : 9, 1080p(フルHD), 30fps
視野角96度
フォーカスタイプAI Focus
搭載マイク数4基
搭載スピーカー数1基
付属品・本体
・画面保護カバー
USB Type-Cケーブル
・取り扱い説明書&保証カード
対応OSWindows 7/8 /10,Mac 10.4.3以降 等
互換性ソフト(一例)Facetime, Zoom, Skype, Skype for business, Microsoft Lync, Google Hangout, Goto meeting, Bluejeans, webex, braodsoft, lifesize, Line,Slack
スペックシート

製品の特長

  • AIによる自動認識機能
  • カメラ・マイク・スピーカー機能
  • 専用ソフトで詳細調節が可能
  • 主要OS・ソフトウェアとの互換性

高価なウェブカメラでは標準になっている1080p(フルHD)画質に対応してます。
また96度にもわたる広い範囲を詳細に映せるのがポイント。

そして4基のマイクと1基のスピーカーを備えることで、これ1台でシステムの準備は完了!
追加で必要なものがないのはすごくいいですね!
ケーブルもTypeC1ほんで接続するだけなので非常にスタイリッシュ!

本体デザイン

【本体正面】

  1. 本体
  2. レンズ
  3. マウント
  4. マイク
  5. 可動部
  6. ロゴ
  7. 取付用台

【本体背面】

  1. メーカーロゴ
  2. USB-Cポート
  3. 取付けツメ
  4. スタンド取付用ネジ穴

基本モニター上部に取付けて使用するのだけど、底部の取付穴に別売りの三脚やモバイル用スタンドを装着する事で自立させる事も可能!

AIによる自動認識機能

この製品の1番の魅力はAIによる自動認識だと思う!

カメラに搭載されたAIがカメラに映っている人の動き(ジェスチャー)を認識し、全員がカメラに映るように、自動でフォーカス&ズームインアウトを行ってくれる!
これはソフト側でやってるのか?ハード側でやってるのか?
非常に興味深い!そして魅力的!

AAIAIzAIzuAIzAIzAIZOOM

▼人物の顔を認識して、自動でズームするのがスゲー!

光量の自動調節もしてくれる!らしい!

専用ソフトウェアでかんたん設定♪

eMeet社は『eMeetLink』というアプリをリリースしています!

このソフトウェアを使用するとカメラの視野角や映像効果、各種パラメータを簡単に調整出来るようになります。

▼初心者でも簡単UI

ファームウェアのアップデートも可能で機能追加なども出来る可能性も!

社用PCでも安心!プラグアンドプレイに対応

このカメラの他にも良いところはプラグアンドプレイに対応している点です。

ドライバなどのインストールが不要なのでインストールを許可されていない社内PCでも問題なく使用出来ます。

AI Webcam Jupiterは2021年2月に発売予定

AI Webcam Jupiter

今回紹介したAI Webcam Jupiterは2021年2月に発売予定。

AI搭載ウェブカメラは一般的に5~10万円の価格帯で販売されています。

コチラボでもレビューを予定しているので楽しみにしていてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました