3Dプリンタが我が家にやってきた!BIQU KOSSEL Proをレビュー

ものづくりの未来が、今ここにある!

今日もこんちのバウハウスをご覧頂き誠にありがとうございます!

今日は3Dプリンタをレビューします!
遂に我が家にもやって来たな!って感じですヒャッホー\(^o^)/

3Dプリンタどれを買ったの?

3Dプリンタと言っても様々な形で価格や大きさ、扱える材質が異なります。
そんな中でこんちが選んだのはこちら!

Kossel Pro DIY 高精度3Dプリンター デルタ型金属製3Dプリンター 組立キット 最大プリントサイズ250x250x380 3.5インチのタッチスクリーン スデッピングモータドランバ付き 超静かプリント 操作簡単 組立しやすい
価格は5万円程です。
 
短所は自分で組み立てしないといけない点です。
これが中々にハードで、こんちは3〜4日程かかりましたね。
気合を入れたら2日で出来るかも?
パーツ数が多いのと組み立てを間違えると動かない可能性もあるので、出来るだけ時間に余裕がある時に組み立てるのが絶対オススメです!
本当、余裕は大事!

 

作った感想をば!

まず箱がデケかった(;´Д`)

届いた時は「こんなの組み立てられるんだろうか。。。」
とちょっと不安になりました。
まぁ出来た訳だがm9っ`Д´) 

写真 2017-08-13 9 24 33

パーツ数は非常に多く見ているだけで目眩がする事間違いなし!
でも大丈夫、いざ3Dプリンタの頂きへっ!!

写真 2017-08-13 9 38 56

組み立てる順番にA1〜袋分けされています。
なので間違える心配がありません。
パーツもきちんと分けられているので非常に分かりやすい。
更には予備パーツも付属しているので、困る事がありません。

写真 2017-08-16 11 31 04

外側を組み立てたの図!
ここまで作るのに2時間程かかりました。。。
説明書が英語なのでかなり慎重に作りましたよw

写真 2017-08-16 11 31 14

ノズルヘッドもかなり慎重に作りました!
ケーブルがかなり多いのでこんがらがりそうな気がしますが大丈夫!
説明書がきちんとしているので安心です!ただし英語ですがw

こんちは英語が全然得意ではありませんが、それでも大体は何て書いているかは分かると思います。
分からない場合はGoogle翻訳を活用しましょう!
最近のバージョンではカメラを通すだけでリアルタイムに翻訳してくれます!
これスゲーってなりました(゚д゚)!

と言う事で。。。

なんやかんや色々ありながらも無事完成\(^o^)/

写真 2017-08-16 21 25 23

 

写真 2017-08-16 21 25 31

本体はタッチパネルです!
この1個前のモデルはボタン操作で使いにくそうだったので、これはすごく良いですね!
コントローラーのガワは3Dプリンタで出力されたもの!
こう見ると3Dプリンタって何でも作れるんだなと言うのが良く分かります。

データはどうするの?

完成したら今度は3Dデータが必要になります。
こちらはAutodeskのFusion360を利用する事に!

こちらら教育機関や個人利用、1000万円以下のスタートアップは無償で利用出来るんですよ!
無料ですよ?
すごくないですか?
勿論使い勝手も性能も申し分無いと思います。
大抵の事はこれで出来ます。
Win/Mac問わず使用出来ますし、これからの事を考えるとFusion360は使えるようになっていて損の無いソフトです!

まとめ

 

いやー、ここまで長かった。
次回は実際にプリントアウトした製品を紹介したいと思います。
乞うご期待m9っ`Д´) ビシッ!!

ABOUTこの記事をかいた人

こんちのバウハウスを運営しているオーナーのこんちです! テクノロジーとデザインに興味があり情報発信しています!! またライターとしても活動しています。 製品のレビューや面白い企画、応援や批判コメントまで、 何でも受け付けています!お気軽にご連絡下さいね!