モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング in 大阪!参加報告1 #HWJTT2016

昨日大阪にてバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング in 大阪が開催されました。
私こんち(@ko_nchi)も奇跡的に当選し参加させて頂くことが出来ました。

IMG_20161209_205608

今回はこのブロガーミーティングの報告をいくつかに分けてご報告したいと思います。

HUAWEIの印象

皆さんHUAWEIというメーカーをそもそも知っていますでしょうか?
HUAWEIは中国の通信機器メーカーで非常に幅広いネットワーク機器を扱っています。
それこそ事業者向けの大型ネットワーク製品から今回紹介するようなコンシューマー向けのスマートフォンまで、
本当ネットワーク製品なら何でも作ります!といった感じのメーカーなのです。
僕が初めてHUAWEIの製品を使ったのはイーモバイルからリリースされたD01HWと言うUSBモデムでした。
で、そのHUAWEIの印象ですがやはり中国メーカーと言う事もあり、安っぽい!品質が悪い!すぐ壊れる!ダサい!
と言った非常に身勝手な印象を持っていました。
ですが、今回のブロガーミーティングに参加してその考えは正直180度変わりました!

ミーティングの内容

写真 2016-12-09 19 31 10

ミーティングは1時間半の中で大きく分けて、

  • HUAWEI の紹介
  • HUAWEI P9&matebookの紹介
  • モバイルプリンスとGAPSIS長田編集長のトークセッション
  • タッチ&トライ

の4本柱でした。
今回の記事ではまず、HUAWEI P9&matebookの紹介について簡単に報告したいと思います。

HUAWEIってすごい!みんなどこかで使ってるかも?

写真 2016-12-09 19 36 34

まずはプレゼン形式でHUAWEIについての説明がありました。

結構日本でも製品をリリースしている!

写真 2016-12-09 19 39 20

HUAWEIの主力製品を紹介していたのですが、意外にも沢山の機種がリリースされています。
コレ以外にもタブレットも出していますしね!
基本はミドルレンジクラスのSIMフリー機種を出しているだけの印象ですが実はキャリアにも提供しているんですよね!
例えばDocomoのd-tabキッズケータイなどもHUAWEIの製品ですし、
auではQuatabWi-FiWalker等のモバイルルーターも提供しています。
また今は無くなりましたがGoogleのフラグシップ機「NEXUSシリーズ」
NEXUS6PもHUAWEIの製品です!個人的にNEXUS6Pはかなり好きです\(^o^)/

と言う事で、皆さんどこかでHUAWEIの製品を使っているのではないでしょうか?

2016年の日本市場での実績!

写真 2016-12-09 19 39 04

今年のHUAWEIの日本での実績だそうです!
結構成績が良いなと思いましたよ。
まぁこれはiPhoneやiPadを覗いたランキングだと思われます。
しかしながらAndroidの中で考えた場合、
今、物凄く勢いがあると言って良いのではないかと思いました。
今競合だと思われるメーカー名を挙げますと、

  • SONY
  • Samsung
  • ASUS
  • Acer
  • ZTE
  • 富士通
  • シャープ

などがあると思います。

正直この中で1番頑張ってるのがHUAWEIだと今回僕は感じました。
そう僕に感じさせたのが今回使わせていただいたHUAWEI P9とmatebookです。
これらは次の記事でご紹介したいと思います。

おまけ

今回のブロガーミーティングではお弁当が出たのですが、
それが予想以上に美味しかったです!
写真 2016-12-09 19 25 23 (1)

僕は到着がギリギリでみなさん説明が始まる前には食べ終わっていました。
僕はお弁当をムシャムシャ食べながら説明を聞いていましたが、
そんな感じで気軽な雰囲気のブロガーミーティングだったので、
ちょっとでも「参加してみたいな!」
と思った人はドンドン積極的に参加応募すると良いと思います。

タッチアンドトライイベントやってますよ!

今大阪ではHUAWEIのタッチアンドトライイベントが開催されています。
実機を見て触って豪華なプレゼントも抽選で頂けるので時間に余裕がある人は是非行ってみてはいかがでしょうか?
12月12日(月)までですよー!

ABOUTこの記事をかいた人

こんちのバウハウスを運営しているオーナーのこんちです! テクノロジーとデザインに興味があり情報発信しています!! またライターとしても活動しています。 製品のレビューや面白い企画、応援や批判コメントまで、 何でも受け付けています!お気軽にご連絡下さいね!