マテリアルデザインのLinuxが良さそう!Papyrosに注目中!

LinuxはオープンソースのOS!

僕も以前からちょくちょく使ってます。

職場のサーバはLinuxで管理してますしお世話になってます。

そんなLinuxの欠点は

・使いにくそう。

・ダサい。

・難しそう。

と言うイメージではないでしょうか?違ったらすみません。

そんなLinuxにマテリアルデザインに準拠したLinuxが開発されています。

それがPapyros!

f:id:ko_nchi:20150705195801p:plain

マテリアルデザインなOS!

Papyros

このOSの特徴は、

Googleの提唱しているマテリアルデザインのガイドラインに準拠しつつ、

軽量なOS、Arch Linuxをベースに開発されていること。

軽くてカッコよくて無料だなんて最高ではござらんか!

まだアルファ版にもなっていない

現在の進行状況を見ると80%開発に成功しているよう。

あと20%で100%に達するけれど、それでやっとアルファ版。

ここからベータ版の開発となり正式リリースとなる訳で。。。

まだまだ先は長そうです。

試すことはできそう!

とは言え今の段階でも試す事は出来そうです。

VMWareやVirtualBoxにインストールしている人もいます。

僕はアルファ版になってから試そうと思ってます。

qiita.com

まとめ

サポートの切れたOSを更新したい、古いハードウェアのPCを再利用したい。

そんな時はLinuxがぴったりです。

個人的にはUbuntuなんかは成熟しておりオススメですが、なんせ重いです。

なのでこのPapyrosにはちょっと期待しています!

アルファ版になったら試してみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんちのバウハウスを運営しているオーナーのこんちです! テクノロジーとデザインに興味があり情報発信しています!! またライターとしても活動しています。 製品のレビューや面白い企画、応援や批判コメントまで、 何でも受け付けています!お気軽にご連絡下さいね!