テクノロジーには寿命がある!失敗作のLUMIX CM1と未知数のAppleWatch!

こんばんは、こんち(@ko_nchi)です。

アギーレ監督が解任になり、アディーレ法律事務所がコメントを出したそうです!

八百長問題も過払い請求ならアディーレ法律事務所が解決してくれますね!


サッカー日本代表監督の突然の解任を受けてアディーレ法律事務所がコメント「こんなに早くお別れの時が来るとは」 | ロケットニュース24

さてPanasonicからAndroid入りの高級デジカメが3月に発売されます。

個人的におもいっきりありえない端末です。

否定的な事、書きますがよろしくお願いします。


日本でも限定発売:Androidスマホでもある“進化形”デジカメ「LUMIX CM1」を改めて検証する (1/3) – ITmedia デジカメプラス

高級コンデジなのにAndroidを搭載する事でOS自体は今後古くなるでしょう。

古くサポートされなくなったOSほど魅力の無いものはありません。

しかも2000台限定で有志でのカスタムROMなどのサポートも期待が出来ません。

RICOHのGRやFUJIX100など高級コンデジ市場は僕はありだと思っています。

しかしその中でこのLUMIX CM1はどうなのか?と感じてしまいます。

やはりカメラはカメラの機能に特化するべきではないでしょうか?

12万円もするこの端末をどんな人が購入するのか?

こんな端末を出してしまうPanasonicがとても残念です。

これは僕の持論ですがテクノロジーには寿命があります。

やはり古く廃れていってしまうのです。

バッテリーはじめ各パーツは劣化し、

テクノロジーは仕様や形状がより小さく薄く最適化され互換性がなくなっていきます。

新しいものが必ずしも良いとは言いませんが、新しくなると言う事は古いものが改善された結果であり、より快適になった製品を使う時、古くなった物は寿命を迎えるのだと僕は思っています。

そういったところからもこのLUMIX CM1は失敗作だと思いますし、

Apple Watchが時計とテクノロジーをどのように融合させるのか。

そこにとても興味があります。

50万円とも入れ割れているAppleWatchのEditionの寿命やサポートの期間など、

どうなるのか楽しみです。

もちろん買えませんけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんちのバウハウスを運営しているオーナーのこんちです! テクノロジーとデザインに興味があり情報発信しています!! またライターとしても活動しています。 製品のレビューや面白い企画、応援や批判コメントまで、 何でも受け付けています!お気軽にご連絡下さいね!