OSは軽くて高速であるべき

そろそろiOS9のお話なんかも出てきましたね。

WWDC楽しみなこんち(@ko_nchi)です。

taisy0.com

気になる記になるさんの記事で知りました。

これは朗報、古いiOS端末のパフォーマンスが上がるようなお話が出てきました!

f:id:ko_nchi:20150524021104j:plain

 iOS8は重い

僕がメインで使用しているiPhone6PlusはCPUが高速なお陰で快適に動作しています。

しかし初代のiPadminiや第5世代のPodtouchでは遅すぎて使い物にならない感じです。

メモリが原因か?

どうやらiOS8はメモリの消費が激しいようです。

iPhone5以降はメモリを1GB搭載しているので快適ですが、

それ以前の端末は512MBなのでメモリの少なさがネックなのでしょう。

dreaming-engineer.hatenablog.com

長期サポートか切り捨てか

iOSのサポートは非常に長いのが特徴で次のiOS9でiPhone4sのサポートがまだ行われるようです。

iPhone4Sがリリースされたのは2011年の10月だったので、

今回のiOS9がサポートされたら4年間サポートされる事になります。

Androidに比べたらかなり長いですね!

長期サポートのメリットはiOS端末を新興国で使用してもらえる事と、

中古市場でのライフサイクルの延長でしょうか。

まとめ

iOSは既に完成形だと思います。

(細かなバグが多いのである意味完成とは言えませんが。。。)

勿論メジャーアップデートのインパクトも必要ですから、

新機能の盛り込みは必要なのかもしれませんが。

しかし1年に1度のメジャーアップデートは、もう必要無いのではないでしょうか。

それよりも少ないリソースで安定して快適に使用出来る事。

上記にもう少し重点を置いて開発して欲しいと感じています。

またこのiOS9がそれらを改善した素晴らしいOSである事に期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんちのバウハウスを運営しているオーナーのこんちです! テクノロジーとデザインに興味があり情報発信しています!! またライターとしても活動しています。 製品のレビューや面白い企画、応援や批判コメントまで、 何でも受け付けています!お気軽にご連絡下さいね!